忍者ブログ
格安高速バスプランのアフリエイト について
■ カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■ カテゴリー
■ フリーエリア
■ 最新コメント
[05/09 カメラマン]
■ 最新トラックバック
■ プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
■ バーコード
■ ブログ内検索
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [14]  [12]  [13]  [11]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東宝、月間歴代新記録で4月を“走破”

f28f9ca3.jpg東宝が好調な成績を続けており、4月は興行収入49億4649万円を記録し、同月の歴代新記録を樹立したことがわかった。これまでの記録だった2007年の49億3328万円を上回った。ちなみに、1~4月の同社の累計興収は160億0319万円で、前年対比で103.6%だった。

例年の4月は、これまで『ドラえもん』『名探偵コナン』『クレヨンしんちゃん』の3シリーズが安定した成績を続けてきた。今年は、とくに『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』が好調で、興収33億円以上が確実な情勢。その成績の大部分が4月分に加算されたことが大きかった。また、『クローズZEROII』も30億円以上と、大きく貢献した。

昨年の東宝は、4月26日に公開された『少林少女』(15億1000万円)などの期待作が目標を下回り、決して満足のいく前半ではなかった。軌道に乗り始めたのは、6月7日公開の『ザ・マジックアワー』(39億5000万円)と、同28日公開の『花より男子ファイナル』(77億5000万円)から。今年は、前半から期待作の成績のバランスがよく、こうした流れが4月も続いていたと言える。

今月9日(土)の公開以降、大ヒットしている『余命1ヶ月の花嫁』は、30億円前後の興行展開を見せ、5月も4月の成績を上回る可能性がある。さらに、30日(土)に『ROOKIES-卒業-』、6月6日の『ハゲタカ』と話題作がめじろ押し。今のところ、映画界における東宝の優位性にまったく揺るぎはない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]